道場生の皆様へのお手紙です H22,6

道場関係者の皆様へのお手紙です
こんにちは、三宅です。だんだんと蒸し暑くなってきましたがどうかお体には気をつけてください。道場生はしっかりと稽古に励みましょうね!
今日は嬉しい連絡と悲しい連絡があります。
まずは嬉しい方から、全国的な規模の大会で入賞者が続出しています。
☆2010国際親善空手道選手権大会(千葉・幕張メッセ)2010年4月24、25日
型 6~8歳の部  準優勝  大野偉史(岡山南・水島)
型 9歳の部   第3位  神﨑龍真(岡山南・茶屋町)
型 11歳の部   準優勝  権藤智(岡山南・茶屋町)
型 12~17歳の部 第3位  大野滉弥(岡山南・水島)
☆全日本女子型競技選手権大会(大阪府立体育館)2010年6月12,13日
  準優勝  吉岡可菜(徳島・藍住)
☆全日本壮年空手道選手権大会(大阪府立体育館)2010年6月12,13日
  第3位  萱野英明(岡山南・水島)

萱野さ~ん、なんか恐い顔してますね~、やっぱり優勝じゃなきゃイヤですか?
入賞者の皆さん、おめでとうございました。この経験を活かしさらに精進してください。仕事、勉強、生活に活かしてくださいね!

それと悲しいことがありました。徳島支部がまだ創生期の頃に入門し、一時期は親子4人で稽古していた西浦茂文初段が6月14日に急逝されました。まだ50歳の若さでした。
西浦雄貴(現初段)が徳島支部初の少年部として入門し、父・茂文さんは保護者として付き添って見学していました。一緒に空手をやりましょう、と幾度も誘いついには入門、オレンジ帯の頃から試合にも出場し、たいへん頑張っていました。大会の入賞経験も何度もあります。蔵本道場の責任者として指導でも活躍し、また、うちで開催する大会では運営委員長も勤めていただくなど活躍されていました、存在感のおおきな方でした。
訃報を聞いたときには何かの間違いだと思いました。信じられませんでした。お通夜で見た西浦さんはとても穏やかな顔をしていました。今にも起き上がって笑いながら話しかけてくるのでは…と見えました。とても残念でなりません。ご遺族のご多幸と、西浦茂文さんのご冥福をお祈りいたします。









5月の団体戦のパンフレットに、私の考える空手の目的や試合について書きました。読みたい方がいましたら道場の先輩に言ってください。差し上げますので。

今回は徳島本部と倉敷本部の稽古風景を写してみました。

今日は吉岡リコー先輩の稽古です。寝転んで腹筋です。モエちゃんとヒロキの2ショット。足上げ腹筋も頑張って!最後は締めの正拳突き、思いっきり声ださんとリコー先輩のOKでんぞ~。黙想の後は全員握手!最後は掃除しましょ。




今日は上田先輩の稽古です。バランスのお稽古は楽しいな~、ちゃんと目をつむってるかな~。今日はお母さんも後ろで柔軟と軽い基本をやってみました。
体を動かすことは頭を使う事と同じく人としての基本です。とても大切なことです。



行事予定です。
6月27日 全中国大会(広島)
7月2・3日 徳島大学空手部新歓合宿
7月4日  審査会(倉敷本部)、兵庫支部創立30周年記念パーティー
7月25日 全四国大会(愛媛)
7月31日・8月1日 徳島&岡山南支部合同夏季合宿(岡山・渋川)
         ゆる体操セミナー実施

徳島支部に新しく道場が開設されます。
場所は徳島県の南部に位置する相生町です。
相生町健康センター(旧、相生町役場の前)、毎週水曜日19:30~21:00
指導員は品川勇一初段と村田治紀初段です。7月から稽古開始します。
皆さん、稽古に行って新道場を盛り上げてください!!








                    国際空手道連盟 極真会館 
                  徳島支部 岡山南支部
徳島市かちどき橋1-11-4巴ビル
倉敷市新田2901
[PR]
by k-kyokushin | 2010-08-27 21:45


冬季合宿のお知らせ >>